Laravel エンジニア

LaravelでControllerを介したページを作ってみる

目的

LaravelのMVCである「Controller」を介したページを作ってみます。
アプリケーションを作る上で、確実にお世話になる「Controller」です。
作り方の基本が分かれば、Laravelでのアプリケーション開発が始められると思います。

まずはLaravelのルーティング設定

Laravelのルーティングの設定を行うには「routes」ディレクトリにある「web.php」に次のように記述します。

Route::get('/user', 'UserController@index');

「/user」パスに対して、「User」という「Controller」を定義します。
さらに「Controller」に対するメソッド「index」を実行するように定義します。

Controllerの作成

続いて、ルーティングで定義した「Controller」を作成しましょう。
「Controller」を作成するディレクトリは

/app/Http/Controllers

に「UserController.php」を作成します。
作成後、ファイル内に次のように記述します。

<?php
namespace App\Http\Controllers;
use App\Http\Controllers\Controller;
use App\User;

class UserController extends Controller
{
public function index(){
  return view('index');
}
}

「Controller」の準備は以上です。

Viewの用意

続いて「View」を用意します。次のディレクトリにView用のファイルを作成します。

/resources/views

作成するファイル名は

index.blade.php

のファイル名で作成します。
作成したファイルの中には

TEST

とだけ記述します。
ここまでの準備が出来たら実際に「/user」にアクセスしてみましょう。
次のように表示されればか成功です。