CakePHP Laravel

「Google Trends」で「Laravel」と「CakePHP」を比較してみる

前提

Google Trend」を使って、「Laravel」と「CakePHP」の状況をレポート。
執筆時点での内容ですので、ご注意ください。

まずは「Laravel」と「CakePHP」のトレンドの結果から!

はい、圧倒的に「Laravel」首位です(笑
参考までに「Codeigniter」と「Symfony」を入れていますが、「CakePHP」は最下位。。。
ここまでの差が出ているとは・・・

日本の「Laravel」と「CakePHP」のトレンドは?


日本に至っては2017年の1月ごろから「CakePHP」を「Laravel」が抜いて、そのまま独走状態です。
やはりPHP開発のフレームワークは「Laravel」が人気のようです。
もう少し「CakePHP」には頑張ってほしかったのですが、右肩下がりの現状と海外との開発手法の統一を考慮すると「Laravel」を選ぶのが無難そうです。

「Laravel」と「CakePHP」のトレンドを調べてみて

個人的には「CakePHP」の設計思想は、自分の開発スタイルには合っていました(笑
理由としては「最低限の規約がある」という点です。

あくまでも個人的な感想です。
各々の開発スタイル次第ですので、参考意見と思ってください。

「CakePHP」では「Laravel」のような自由度は劣るかもしれませんが、最低限のルールがあるので、そのルールから外れない限り、第三者が開発したものでも理解しやすい点で、メンテナンス性は高いと感じてます。
しかし、ルールがあるからこそ最新の技術を取り込みにくい欠点もあります。

それでも「Laravel」優位なのは「自由度」が大きいところでしょうか。。。
ただ、「自由度」が高い分、第三者の開発スタイルによる可読性の良し悪しが出てくると思うので、コーディングルール的な、決まり事をしていないとメンテナンス性が落ちるなと感じます。

どちらもメリットとデメリットがあるので、自身の開発スタイルと好みで判断といったところでしょうか。。。
「需要と供給」だけで考えると「Laravel」一択ですが・・・(笑