CakePHP エンコードbehavior


ビヘイビアの作成例です。
ビヘイビアとは、どのモデルに対しても機能拡張できるライブラリです。

といっても言葉で表すより例を。。。

下記リンクより簡単なビヘイビアの例がありますので、ファイルをダウンロードしてみてください。

エンコードbehavior v1.1.0
最新バージョンはこちらから

ダウンロードしたファイルを解凍すると「encoding.php」がありますので
このファイルを「app/models/behaviors」にアップロードしてください。

このビヘイビアはデータベースから取得したデータを任意の文字コードに自動変換するビヘイビアです。
またデータベースへの保存時には任意の文字コードに変換してから保存してくれます。

さて、このビヘイビアをどのようにモデルに適用をするかですが。。。

この機能を適用したいモデルに以下のように記述してください。

var $actsAs = array('Encoding' => array());

サンプルの設定はこれだけです(笑
その後「findAll」や「find」をしてもらうと、「UTF-8」から「SJIS」へ
データベースからの取得データの文字コードが変換されていると思います。

さらに詳しいビヘイビアの利用方法は、またの機会に(笑

スポンサーリンク

Filed under: CakePHPTagged with: , , ,

1 Comment


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website