CakePHP1.3系 JavaScriptヘルパーの利用


CakePHP1.3系でJavaScriptヘルパーを利用するときの覚書。

CakePHP1.2系から1.3系にしたところ
JavaScriptヘルパーの記述方法が変更になっていたのに気づき
記述方法を調べた内容の覚書です。
JavaScriptヘルパーの記述は次のようになります。
記述例)

var $helpers = array('Js'=>array('Jquery'));

例では「Jquery」のヘルパーを利用する場合の例になります。
「Jquery」以外にも「Prototype」と「Mootools」も用意されているようです。

var $helpers = array('Js'=>array('Prototype'));
var $helpers = array('Js'=>array('Mootools'));

「Prototype」は1.2系から存在しているもので
「Mootools」は新たに追加されたようです。

CakePHP1.2系から1.3系に移行される方はご注意ください。

スポンサーリンク

Filed under: CakePHP

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website