CakePHP Stringクラスのuuid()を使ってみる


CakePHPのライブラリであるStringクラスを使ってみました。
その結果をメモとして。。。

Stringクラスはコントローラーおよびモデルのどちらでも使えるクラスです。
というのもモデルですでに読み込まれているようです。

では基本的な使い方としては

String::メソッド();

です。
まぁ小難しい書き方をしないですが(笑

その中の一つである「uuid()」ですが、名称通りにユニークなIDを返します。
PHPの関数「uniqid」とは違うユニークなIDで「RFC4122」というフォーマットで
ユニークなIDを返します。
記述としては

String::uuid();

となります。
返り値の例としては「550e8400-e29b-41d4-a716-446655440000」な感じで返されます。

スポンサーリンク

Filed under: CakePHPTagged with: ,

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website