CakePHP 「find」の種類

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`google_buzz` not found]

CakePHPでよく使われる「find」。
大変便利でCakePHPでは一般的に使われるデータベースから
データの取得やなにやらまで基本的なものを用意してくれています。

さてその「find」の種類をサクっと紹介します。

まず基本。。。
これもよく使う「findAll」。実は「find」で記述することができます。
いまさら実はということでもないですが(笑

記述例は

$this->モデル名->find('all');

だけです。まぁCakePHP本体を追うとすぐに発見できます。

「all」の指定以外に次のものがあります。

・first
データベースから1件だけデータを取得
よく使う形で置き換えると「read()」
・count
データベースにあるレコード数を取得
よく使う形で置き換えると「findCount()」
・neighbors
指定したレコードの前後のレコードを取得
・list
データベースから「primaryKey」を配列のキー、「displayField」を配列の値の形で
データを取得します。
・threaded
Tree(ツリー)構造でデータベースからレコードを取得

CakePHPで用意されている「find」は以上です。
十分用意されていて至れり尽くせりな感じです(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする