Thlang ヘルパー


CakePHPでよく使いそう(?)なヘルパーを作成しました。
ほぼ業務でよく使うことが多かったヘルパーを個人的にまとめた感じです。

例えばデータベースから日付データを取得した際は「YYY-mm-dd」形式になりますが
そのまま出力しないケースがあり、「YYY年n月dd日」など変換しなければなりません。
そこで毎回変換処理を記述するより、ヘルパーとして使いまわそうと思い作成しました。

ダウンロードは下記リンクよりダウンロードしてください。

Thlang v1.0.0

利用方法

1. コントローラーにThlangヘルパーを追加してください。

var $helpers = array('Thlang');

利用できるメソッドは次のパターンを用意しています。

・date($date,$week=false,$dateFormat=’Y年n月d日’,$weekFormat=’ %s曜日’)
この関数は第1引数の日付を第3引数で指定したフォーマットで出力します。
また、第2引数に「true」を指定すると、第4引数で指定したフォーマットで
曜日が日付の後ろに付与されます。

・dateTime($dateTime,$week=false,$dateFormat=’Y年n月d日’,$weekFormat=’ %s曜日’)
この関数は前述の「date()」の第1引数である日付に時刻が追加されたバージョンです。
※実際は「date()」で処理されるので、明示的に用意しています。

・nl2br($value,$htmlentities=false)
この関数は第1引数である文字列の改行コードを「<br />」に変換します。
また第2引数に「true」を指定すると第1引数にPHP関数の「htmlentities()」を
適用します。

・currency($number=NULL,$options=array(),$fraction=’floor’)
この関数は日本通貨の表示をサポートします。
第1引数には数字(浮動小数点含む)を入れることで、
「○○○円」(浮動小数点無しの端数切り捨て)と表示します。
また表示のフォーマットを変更する場合はCakePHPの「Number」ヘルパーにある
「format()」関数の第2引数を適用することができます。
また、第3引数では浮動小数点を含む数字の場合で端数を表示しない場合
端数の処理方法を指定することができます。
基本は「floor」(切り捨て)処理ですが、その他に「ceil」切り上げ処理、「round」四捨五入処理、
「round5」(五捨六入)処理の4つのタイプを指定することができます。
ただし、第2引数で「$options[‘places’]=0」として設定した場合のみ動作します。

以上、現在4つの関数を主に用意しています。
ご不明点、またはご要望等ありましたら、ご連絡いただけたら幸いです。

スポンサーリンク

4 Comments

  1. ご利用ありがとうございます!
    実サイトに使っていただき感激です!!

    ヘルパー名の頭文字についてですが、
    「T」はイニシャル、「h」はヘルパーの頭文字で構成しています。
    当ブログで公開している他のライブラリも同じ構成の頭文字にしています。

    職業病というものです(笑

  2. 日付表示にThlang ヘルパーを使用させていただきました。
    曜日も簡単に表示できるのがいいですね。
    非常に使いやすかったです。ありがとうございました。
    下記のサイトで使用させていただきました。

    [笑っていいとも!1/100ゲストまとめました]
    http://blogparts.iitomo.biz/

    ところで、ヘルパー名の頭のThは何の略ですか?
    ちょっと気になったもので。。。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website